47歳女性の婚活の対策!再婚と未婚の結婚までの道のり

47歳女性の婚活と出会い対策についてです。47歳女性でこれから婚活を考ええている人のいると思います。中にはバツイチで再婚になる人、まだ未婚の人もいますけど、でも結婚をする方法はあります。婚活アプリ、婚活サイト、または出会いの場、結婚相談所や婚活パーティーなどについてオススメできるものをまとめています。

47歳女性の悩み!これから婚活をしても上手くいくのか知りたい

 

47歳女性の婚活の悩みについてです。

 

このぐらいの年になると婚活をしていも上手くいかないのでは?このように考える人もいます。

 

確かに気持ちは分かると事です。

 

20代や30代から比べると、女性の武器ともいえる若さがない、またはバツイチの方が多い、または中には子持ちの方もいると思います。


そう考えると婚活をしても可能性は低いのでは?このような事を考える人もいます。

 

言っていることは正論であって、間違いないことだと思います。

 

でもそれだけの理由で上手くいかないとは限りません。

 

仕事でも何でもそうですけど、目指す目的に対して、とても難しいことを求められることもあります。

 

でも中には難しいと言えることを見事に達成した人もいます。

 

でも結婚をするという事自体は、人生においてそんなに難しい事なのかというとそういう事でもありません。

 

実際に50代や60代で結婚している人もたくさんいます。

 

ではその人が運が良かったかと言えば、それもあるかもしれませんが、やはり行動したので、結果がともなったにすぎません。

 

要するに自分の気持ち次第だという事になります。

 

47歳女性でも婚活をして結婚はできるけど気持ち次第

 

上記で話したように、47歳女性でも婚活をして結婚することは十分に可能になっています。

 

さらに言うと、もし自分が何の好みもなく、相手を選ぶことができれば、その確率も上がっていきます。

 

例えば47歳だとしていも、20歳ぐらい男性がもし気に入ってくれて「結婚をしたい」と伝えられたときに何を感じるかです。

 

普通の感覚であれば、お断りをすることが多いと思います。

 

やはりどこかで自分の好みのようなものを持っていて、そのような事が婚期を遅らせるような事になる事も良くあります。

 

これは極端な例ですが、婚活の難しさというのはそこにあると思っています。

 

結婚をすることは簡単、でもお互いに好みがある、それが合わないので結婚ができない、ここに集約されているので、そう考えると結婚すること自体はそんなに難しことでもないと思います。

 

婚活サービスは整っていて、誰かしらと婚活をすることができますが、何かの折り合いがつかないので、先に話しが進まない事になります。

 

単純に考えるとそれだけの事になります。

 

婚活をするチャンスはたくさんあることになるので、47歳女性であってもチャンスはたくさんあるという事です。

 

50代になっても同じ事です。

 

ただ全体的に結婚している人の数が多くなるので、若い人から比べるとそのチャンスは少なくなることは確かな事ですが、でもチャンスは多くもらえることは確かな事です。

 

婚姻している人は年間に70万組でそのうち30万組が再婚

 

そして今の日本の婚姻数を見ると年間で約70万組の人が実際に婚姻しています。

 

これは当時から比べてると、とても少ないことですが、今はこの人数で安定しているような感じです。

 

でも男性も女性も初婚になるのかというと違います。

 

70万組中、約30万組が再婚になっています。

 

半分まではいかなくても、このくらいの数の人が再婚しているので、47歳からでもまだまだ大丈夫だという事です。

 

再婚になる年齢は、上がることが分かると思います。

 

20代よりも30代、30代よりも40代の方が多くなってきます。

 

50代となるとまた別な話しになってきますが、フタを開けてみると再婚している人は多いという事です。

 

後は本当に本人の気持ち次第という事になります。

47歳女性の悩み!婚活アプリで知り合い1ヶ月しても誘われない

 

47歳女性の悩みで、婚活アプリで知り合った男性と1ヶ月もメッセージ交換をしているのに誘われないという悩みについてです。

 

実はこれはたまにあることで、そんなに頻繁でもありませんが、たまにこのような声があることは確かな事です。

 

普通は逆の事で悩みになることが多く、男性が女性を誘ったときに上手くいかないという内容ですが、逆もある事になります。

 

ただ今回は1ヶ月をしても誘われないという事なので、普通に考えるとおかしいとは思います。

 

でも現実にはそのような事もある事になるのですが、これでは女性も不安になることが多いと思います。

 

このまま関係を続けていくべきなのか、それとももう少し待った方が良いのか迷いがでると思います。

 

早くに結婚してい人にとってはなおさらの事で、無駄な時間は津硬くないのが正直なところだと思います。

 

でもこれにも理由があるですが、なぜ1ヶ月もしてもお誘いがないのかその理由についてです。

 

47歳女性!婚活アプリで知り合い1ヶ月たっても誘われない理由

 

今回の47歳女性の婚活アプリで知り合い、そこでメールのやり取りをして1ヶ月もしているのに誘われない理由についてですが下記のようにまとめる事ができます。

 

  1. 誘うことに勇気がない
  2. 異性とのお付き合いがない
  3. 別な人がいる可能性がある


主にこの3つの事が理由になってくると思います。


誘うことに勇気がない!というのは、性格的なことが影響している事が多いですが、真剣になってしまい誘うタイミングを逃してしまっている事が多いと思います。

 

男性側も気がついている事も多いのですが、そのタイミングのようなものを見つけることができなく、そのままズルズルと来てしまったケースです。

 

この場合はコチラからその誘いを促すようにしてみます。

 

寂しい、一人ではいけない、誰も一緒に行ってくれる人がいないなど、これらの事をメールの中に入れることで、誘ってもらう確率が上がっていきます。

 

純粋な男性だと思った方が良いと思います。


そして異性とのお付き合いをした事がない人も会うことを先延ばしにしてしまう事もあります。

 

この場合は、どうして良いのか分からない状態なので、女性が一肌脱ぐような感じです。

 

1ヶ月もメールをしていれば、相手が今まで女性とお付き合いをした事があるのか分かると思います。

 

逆に知らないこと自体が問題のように感じます。

 

この場合もどのようにして誘えば良いのか分からないので、女性の方からストレートに誘うようにしています。

 

そして最後の「別な人がいる可能性がある」というのは、他の人と比較しているケースです。

 

まだ友達でもお付き合いをしているわけでもなく、この行為は別に全く問題はありませんが、別な女性と比較されているときに迷ってしまい中々誘えないという事もあり得ます。

 

この場合も女性から誘ってしまい、自分に注目をさせる方が良いと思います。

 

ライバルがいる状態ですから、先に話しを進めた方が良い方向にいくことが多いと思います。

 

まとめると、1ヶ月もしてお誘いがない場合は、女性から誘う方が話しが早いと思います。

 

あくまでも相手の性格次第なので、その状況に合わせて判断するようにしましょう。

47歳女性!婚活パーティー語のお付き合いが続かない理由

 

婚活パーティーに幾度も参加して、そしてやっとつかんだカップリング、胸に期待を膨らませてこれで一安心としたいところですが、その後のお付き合いが続かないという47歳女性の悩み対策についてです。

 

続かないというのは、連絡先の交換をして、そしてデートの約束をして1〜2回会い、その後のお誘いがない状態で終わってしまう、そのような状態の事です。

 

実はこれは、婚活パーティーを利用している人であれば、一度ぐらい経験する事かもしれません。

 

そんなに珍しいことでもなく、頻繁にあり得ることです。

 

中にはカップリングして、連絡先交換をしても、デートを一度もすることがなく終わってしまうケースもあります。

 

どちらにしても続かないという事なのですが、なぜこのような事が起こるのかです。

 

その理由と対策についてまとめています。

 

婚活パーティー語のお付き合いが続かない47歳女性の対策方法

 

婚活パーティー語のお付き合いが続かない47歳女性の対策方法ですが、まずなぜ後に続かないのかです。

 

これは理由は簡単で、相手の興味から外れた事になります。

 

でも婚活パーティーで、カップリングしたのになぜこのような事が起こるのかというと、これはパーティー自体にも問題があると思っています。

 

参加したその企画に必ず好みとなる人がいるわけでもありません。

 

いたとしても一人、もしくはいないか、そのぐらいのものです。

 

でも企画の決まりのようなものがあって、その日に好みとなるような人がいなくても誰かしら選ばなければいけません。

 

これは半強制のようなところがあって、この場合は妥協して相手を選んでいる事になります。

 

そして希望が第三希望ぐらいまである事です。

 

その日に気に入った人がいなくても、強制的に誰かを選ばなければいけなく、さらに第三希望まで半強制的に相手を決めなければいけません。

 

そしてカップリングした場合は、もちろん相手にその気がないわけですから、続かないのは当然の事です。

 

でも社交辞令のような感じもあり、また結婚したい気持ちも重なり、カップリングした相手にあまり興味がなくても、形だけは作ってしまう事があります。

 

そして1〜2回ぐらいデートをしてもやっぱり気持ちがついていかずに自然消滅、または音信不通になってきます。

 

ですので、自分が相手を気に入っていても、その相手はそうでもない事があるという事です。

 

そこを知っていれば、少しは心構えのようなものができて、ショックを受けずに済むと思います。

 

基本的にはそのような感じだと思った方が良いと思います。

 

ですので運とはいいませんけど、婚活パーティーの場合は、ときには根気のようなものが必要になってくる事があります。

 

続かないというよりも、最初から答えが出ていた!とも言えます。

 

でもお互いに本当に好みの人であってカップリングした場合は少し変わってくると思います。

 

ただ最初の印象だけで決めてしまっているので、人柄のようなものが分からなく、そしてデートをしたときに初めて「こういう人だった」という事で、相手の人柄が理解され、そして自分と相性が合うのか合わないのかをそこで初めて見極めている事になります。

 

そして合わないと判断されると続かないという事になりますので、これはしょうがない事です。

 

この場合は対策というよりも「相性が合わなかった」と理解して、次の人を探した方が早いと思います。

 

そしてお互いのためにもなります。

 

その現状を知っておくことが一番の対策方法になってきます。

47歳女性が婚活にお見合い相談所を利用するメリットはなに?

 

47歳女性が婚活にお見合い相談所を利用するメリットについてです。


結婚をしたい!という事で、お見合い相談所を利用してみたい47歳ぐらいの女性が利用するメリットについてです。

 

この年になると色々な不安がつきものですが、相談所を利用してどのようなメリットがあるのか、中には気になる人もいると思います。

 

本当にこの年でも受け付けてくれる男性はいるのか、または本当に結婚ができるのかなど、色々な事を考えてしまう人がいますが、でも実際に利用していみると、案外安心して婚活ができている人の方が多く、考えるほうどそんなに不安な場所でない事が分かります。

 

でもこれはその本人が経験してみないと分からないことで、実感はできないかもしれませんが、安心して婚活ができる事だけは間違いはないと思います。

 

ただどのようなメリットがあるのかです。

 

婚活サービスはお見合い相談所以外にもあります。

 

その他の婚活サービスと比べてどのようなメリットがあるのかをまとめています。

 

47歳女性がお見合い相談所を利用するメリットまとめ

 

47歳女性がお見合い相談所を利用するメリットについてですが、この年齢からでも安定した婚活ができるという事が一番のメリットになってきます。

 

婚活サービスを色々比較しても、相談所を利用する人の意識は、どの婚活サービスから比べても一番高いと思います。

 

どの方も年代に関係なく、意志や覚悟のようなものを持っていて、結婚したい意識が高いので、そこが47歳女性だけに限らずメリットになってきます。

 

例えば婚活パーティーなどもありますが、中には諦め半分ぐらいの気持ちで婚活をしている人もたくさんいます。

 

もうここまできたら運よく当たればいいぐらいの感覚で婚活をする人もチラホラと多くなってきます。

 

でもお見合い相談所の場合は、高い費用を支払うだけあってその思いはとても強いものになります。

 

言い方を変えるとそこまでしてまでも結婚したい!このぐらい意識が強いわけです。

 

ですので47歳女性であっても、相手男性もしっかりと向き合って結婚の事を真剣に考えてくれます。

 

上手くいくのかどうかは別としても、結婚意欲が高い人しかいないという事が、メリットになってきます。

 

その他婚活にお見合い相談所を利用するメリットはなに?

 

それ以外にお見合い相談所を利用するメリットについてですが、このようになってきます。

 

  1. 嘘偽りがない
  2. アドバイスを受けることができる
  3. お断りを自分でしなくても良い
  4. こだわりを聞いてくれる


このようにまとめることができます。


嘘偽りがないというのは、お見合い相談所の場合は、収入証明書、学歴証明書、独身証明書などの公的書類が入会するときに必用になってきます。

 

例えばですが、万が一既婚者であっても嘘をつくことができないという事です。

 

公的書類で独身であることなどを証明しなければいけませんので、プロフィールに嘘偽りがない事になってきます。

 

学齢にしても、収入にしても同じことです。

 

そしてアドバイスを受けることができます。

 

これがないと相談所をは言えませんが、婚活アドバイスを受けることができることもメリットになってきます。

 

そしてお見合いをして、もし相手に断りを入れているときに代役してくれますので、自分でお断りをしなくても良いようになっています。

 

そして相談所ですから、ある程度のこだわりを持って婚活をする事ができます。

 

ただこれは一般論であって、個人的に思うのは、こだわりは聞いてくれますが、その通りにならない事の方が多い感じがします。

 

ただこだわりを聞いてくれるという点では安心感があります。

 

まとめると真剣な婚活ができる事は間違いない事なので、真剣さがあるのであれば、47歳女性の婚活にお見合い相談所はオススメになります。

47歳女性!婚活にお見合い相談所で気になる費用について

 

47歳女性で、婚活にお見合い相談所を利用する人もいると思いますが、そのときに一番気になるのが費用だと思います。

 

婚活方法も婚活パーティーや婚活アプリの利用などもありますけど、一番高くつくのがお見合い相談所になってきます。

 

これは誰でも知っていいるかもしれませんが、やはりここが気になる人の方が多いと思いいます。

 

1,000円ぐらいのものあれば、すぐにでも利用したいものですけど、やはり額が違いますので、選ぶときにも慎重になると思います。

 

ただこの費用については透明化されていないというか、イマイチハッキリとしないところもあります。

 

ホームページを見てもすべてを載せているわけでもなく、また別途料金が後でかかるようなところさえもあります。

 

そして金額の差もとても激しいです。

 

あるところは10万ぐらいのものもあれば、あるところはその3倍ぐらいの費用がかかるところもあります。

 

という事で、基本的にどのような事に費用がかかっていくのかをまとめています。

 

47歳女性が気になるお見合い相談所の費用の内訳

 

47歳女性でなくてもお金のかかることは誰でも気になると思いますが、一体お見合い相談所の費用の内訳はどうなっているのか?という事です。

 

その相談所によって若干変わってくるのですが、基本的にはこのような事に費用が発生すると思ってください。

 

  1. 登録料
  2. 初期費用
  3. 月会費
  4. 成婚料


この4つが基本のようになってきます。

 

登録料、登録するための費用のことで、IDの発行などの登録するためにかかる費用の事です。

 

料金でいうと差がありますが、1万〜3万ぐらいと色々です。

 

これは数万程度だと思ってください。

 

でも初期費用から価格が上がっていき数十万になることが多いと思います。

 

これもその相談所によって変わってきますけど、相談所の内訳の中では高くなる費用だと思って下さい。

 

これはもろもろの調整費用という事になります。

 

そして月会費ですが、これは紹介料に変わることもあるのですが、月に相手を紹介するための費用のようなものです。

 

この月会費をなくして、紹介するたびに数千円かかるところもあります。


月会費になると約1万ぐらいが相場だと思いますが、これがコンスタントに毎月かかるわけです。

 

もしお仕事で遠くにいく事になり婚活ができない場合は、この月会費をその間はストップしてくれるところもありますが、あくまでも月会費という事で、そのままかかるケースもあります。

 

ここはしっかりとした確認が必要です。

 

そして最後の成婚料とは、お見合い相談所に支払うお礼金のようなものです。

 

これも10万ぐらから30万ぐらいと料金の幅があります。

 

平均すると15万ぐらいかかると思った方が良いと思います。

 

トータルで考えると全部で20万プラス月会費ぐらいと考えた方が良いと思います。

 

お見合い相談所の場合は費用がネックになってきますが、今は安くて良質なものも出てきています。

 

ただ基本的には上記のような費用が発生すると思って下さい。

 

ただ費用も大事ですが、お見合い相談所の場合は、そこと自分の相性をしっかりと見極めることの方が大事だと思います。

 

費用は一番に考えなければいけないところですが、利用するお見合い相談所との折り合いが会わないと婚活にズレが出てきます。

Copyright © 47歳女性の婚活の対策!再婚と未婚の結婚までの道のり All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます